続・お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな

スピ系なこと
スポンサーリンク

最近、Black Lives Matterって看板持った外人さんの画像をよく見かけます。
なんのこっちゃっと検索してみたら、「黒人に対する暴力や構造的な人種差別の撤廃を訴える、国際的な積極行動主義の運動(Wikipediaより)」のことらしいです。

「黒人差別だー!」ってのは海外ドラマ見てるとたまに見かけますよね。
大体は駆け引きに使ってたりとかしてますヨネ。
マイケル・ジャクソンの歌もあるけど、進歩しない国ね全くw

人種問題っていうのは単一民族である日本人にはピンときませんが…白黒以外にもLGBTとか。

 

私が思う「私」とは何なのでしょう。あなたが思う「あなた」とは誰なんでしょう。

性別、性指向、性自認、人種その他諸々ございますが。
「差別を受けている!」と思っている・思ったことのある人にこそ「私はいない」ということを知ってほしいなぁと思います。

 

前にも載せたんですが、自分の構成要素を紙に書き出してみるのオススメです。

やり方は簡単です。是非お試しあれ。

①自分の構成要素(性別、年齢、家族構成、趣味、性格等)を、思いつく限り紙に書き出す。
②その紙を破いて捨てる。
③これら私を構成しているものが全てなくなったら、私には何が残るのか?と自分に問う。

答えっぽいのが頭に浮かぶかもしれません。別に何も感じなくても全然大丈夫です。

 

「差別を受けている私」もそうですが、ポジティブ・ネガティブ含む「〇〇な私」という自分=エゴから始まる壮大な勘違いというのは、大変苦しいものです。

果たして差別がなくなったら幸せなのでしょうか。
お金持ちになったら、モテモテになったら、髪の毛がフサフサになったら幸せなのでしょうか。

最初は幸せだと感じるでしょう。
でもすぐ別の問題を探しだし、あーでもないこーでもないと苦しみだすことでしょう。
そして「〇〇な私」になれば幸せになれる!と同じことを繰り返すでしょう。

 

差別を受けていると認識しているのは誰なんでしょう。
〇〇があれば、〇〇であれば幸せだと認識しているのは?

是非是非、「私はいない」ことを思い出して下さい。
すると私自身が幸せそのものであることに気付き、この世界には私しか存在しないことを知るでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Void

このブログの中の人。昔の漫画・アニメ・ゲームが好きです。

VOIDEXTREMEをフォローする
スピ系なこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
VOID EXTREME