アドラー心理学って入門編かもしれないと思った話

その他
スポンサーリンク

世の中には色んな人がいます。
親切な人、あなたに優しく助言してくる人、あなたを打ち負かそうとする人、ただ自分の憂さを晴らしたいだけの人ナド。

あなたが何かアクションを起こすたび、周囲からそういった反応がありますよね。(若い時特に?)
そういう反応に一喜一憂してしまうと思います。

 

でもこれってただの妄想だと気付いていますか?
相手の態度や言葉、その時の状況に応じてあなたが勝手に「あの人は自分のために言ってくれた」「あいつは自分に悪意をもっているに違いない」と判断しているだけです。

一見優しい言葉に思えて、腹に一物抱えているかもしれません。
トゲのある物言いだけど、実は「あなたのためを思って」言っているかもしれません。
まぁこれも妄想ですけどw

 

相手がどう思おうが相手の問題であって、あなたには関係のないことです。逆もまた然り。
他人の目を気にするなんて本当にバカバカしいですね。

他人があなたへ放った言葉って、発言者は一切責任を負わないんですよ。負いたくても無理です。
(法的にどーのこーのという問題じゃないですよ)
どう受け取って反応するかはあなた次第。だったら気にするだけ損ですね。

 

…といった考えを人に話したら、アドラー心理学ってものを教えてもらいました。

なにそれ美味しいの?状態だったのでオススメされた本さらっと読んでみたんですけど、いきなり「私はいない」とか「自分≠エゴ」とか言われてもわかんねーよ!って方にいいかもと思いました。

ちなみに立ち読みしただけなので、細かい解説とかできませんw
興味がある方は読んでみて下さい。評価高いので損はしないはずです(多分)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Void

このブログの中の人。昔の漫画・アニメ・ゲームが好きです。

VOIDEXTREMEをフォローする
その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
VOID EXTREME