そこへ通じる道なら、どれも結局は正しい道

スピ系なこと
スポンサーリンク


タイトルは、子供の頃から読んでる本の一番好きな台詞から拝借しました。

道っていうとアントニオ猪木の座右の銘(詩)を連想しますが…w
あの詩大好きです。

私が思う「そこ」は色んな名前があります。
引用した本でいうと「生命の水」ですが、場所や物、状態等どんな概念も当てはまらないので、とりあえず真理とかそれ系ってことにします。

まとめサイト的には「認識の変更」とか「別の領域」とかでしょうか。
「空」とか「約束の地」とか「いつか帰るところ」のほうがカッコイイけどw

「お金欲しい」「恋人欲しい」「偉くなりたい」「髪の毛が欲しい」など、不足を解消するために引き寄せとか願望実現に興味を持って探求を始めても、悟りを得るためや天国に行くために探求を始めても、結局は同じものに行き着くと思ってます。

結局人間は幸せになりたい、安心したい、それが未来永劫続くことが究極の願望なんですよね。その願いが叶うのが「そこ」だけなのでっていう理屈です。

ではその「そこ」とはどこなんでしょう。何なのでしょう。
答えは常にあなたの中にあります。

この世界はあなたなので、至る所にヒントが隠されています。
山あり谷ありの道ですが、どんな目にあってもきっとこの探求を完全に諦めることはできないでしょう。

心の声に惑わされずリラックスして、いつかたどり着けるという根拠のない自信を持ってこの大いなる探求の旅を続けて下さい。

 

私のオススメは瞑想です。もちろん気が向かなければしなくてOKですよ。
楽な姿勢で座り呼吸に集中して心を落ち着けて、浮かんでくる雑念をただ観察するだけです。打ち消そうとせず、何も求めず、何も期待せず、ただ観察します。

光を感じたり身体の感覚を失ったりと色々な体験をすると思いますが、それが目的ではないので基本放置です。ぶっちゃけ瞑想体験に意味はありません。心地いいですけどね。

瞑想中に気付きを得ることもありますが、それ以外でも突然降りてくる閃きを得やすくなりますよ。

そして全然集中できない!って時はきっぱり諦めましょう。
焦らなくていいです。すべての道はローマに通ず、です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Void

このブログの中の人。昔の漫画・アニメ・ゲームが好きです。

VOIDEXTREMEをフォローする
スピ系なこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
VOID EXTREME